秋の訪れ


9月に入ってからは厳しい暑さもやわらぎ、急に秋らしくなってきました。
関東地方では、早くも金木犀の香りを感じたという人もいるそうです。

金木犀の開花時期は気温の影響によって変わり、気温が高いほど開花時期は遅くなると言われています。
例年であれば9月下旬から10月上旬に花を咲かせますが、気温が低い日が続いた関東地方では早い
タイミングで咲き始めたようです。

基本的に植物は一つの花に花粉を出す雄しべと、果実のもとになる雌しべの両方を持ちます。
しかし、中には花粉を出す雄花と、実をつける雌花を分けて咲かせる種類もあります。
金木犀もそのうちの一つで、花粉を出す雄株と、実をつける雌株が揃わないと実はなりません。
江戸時代に中国から輸入された金木犀は雄株のみで、ずっと挿し木で増やされてきました。
そのため、日本で見られる金木犀は雄株のみになります。
ちなみにイチョウも雄の木と雌の木に分かれており、銀杏がなる方が雌の木です。

「香りは記憶と結びつく」と言われている通り、金木犀の香りを感じることで季節の変化を
実感する方も多いのではないでしょうか?
できればこのまま暑さがぶり返すことなく、穏やかに秋の訪れを感じたいものです。

戻る

Copyright(c) 2017 MEISHIN CO.,LTO All Rights Reserved.