インフルエンザの発生

9月に入り、早くも名古屋市内でインフルエンザの発生が報告されました。
すでに学級閉鎖を実施した小学校もあります。
名古屋市だけでなく全国各地でも、まだ数は少ないですが学級閉鎖を行う学校が現れ始めています。

インフルエンザというと、冬に流行する印象が強いかと思います。
過去の推計患者数を見ても、インフルエンザのピークは空気が乾燥して気温が低くなる12月から
2月までの期間になります。

9月にインフルエンザが発生する原因としては、夏休みシーズンに海外旅行者が増えるため、
海外からインフルエンザウイルスが入り込みやすくなり、夏の疲れで体力や免疫機能が落ちている
この時期にインフルエンザにかかりやすくなると言われています。

インフルエンザ対策の基本は『手洗い・うがい』です。
インフルエンザに感染する要因の多くは、手に付いたウイルスが口や鼻から体内に入ってしまうことです。
そのため、ハンドソープやアルコール消毒液を使うことでウイルスを洗い流し、感染力を失わせることができます。
うがいをすることでも、のどの乾燥を防ぐほかに、清潔に保つことで感染の対策になります。
うがい薬を使うとさらに効果的だそうです。
ワクチンを接種することでも100%感染を防げるわけではありませんが、感染予防だけでなく重症化を抑える効果が
期待できます。

8月に比べれば暑さが落ち着き、過ごしやすくなってきました。
しかし朝晩の冷え込みで日中との温度差が激しく、体調を崩しやすい時期でもあります。
まだインフルエンザが流行する時期ではないからと油断せず、しっかり対策を行っていきましょう。

戻る

Copyright(c) 2017 MEISHIN CO.,LTO All Rights Reserved.