アジア大会

インドネシアの首都ジャカルタとパレンバンの2都市で開催されていた第18回アジア大会の閉会式が9月2日に行われ、
16日間にわたる大会が幕を閉じました。
今回の大会で日本は金メダルを75個獲得し、前回大会の47個を大きく上回りました。
国・地域別の獲得数も中国に次いで2位となっています。
MVP(最優秀選手)には競泳女子で6冠を達成した池江選手が選ばれるなど、日本人選手の活躍に注目が集まりました。

さて、アジア最大のスポーツの祭典であり、4年に1度開催され、アジア版オリンピックとも言われるアジア大会。
アジアオリンピック評議会に加盟している45の国と地域がこの大会に参加しています。
オリンピックで行われる陸上や水泳だけでなく、ボウリングやカバディといったアジア地域で盛んなスポーツも
競技種目に含まれています。

1951年にインドのニューデリーで第1回大会が行われてから、国内では1958年の第3回大会を東京、
1994年の第12回大会を広島で開催しました。
そして次々回2026年開催予定の第20回大会は、愛知県と名古屋市との共催で行われることが決定しています。
暑い時期を避け、9月19日~10月4日の開催期間に、名古屋市の瑞穂陸上競技場や総合体育館、
豊田市の豊田スタジアムなど51ヵ所で競技が行われる予定です。
また、瑞穂陸上競技場では座席数を拡張する計画や、選手や関係者が滞在する選手村に名古屋競馬場の跡地を
活用することが検討されています。

2027年にはリニア中央新幹線の開業予定も控えており、今後も中部地域の発展が期待できます。

戻る

Copyright(c) 2017 MEISHIN CO.,LTO All Rights Reserved.