クールビズ

地球温暖化対策と電気の使用量削減を目的として、2005年から始まったクールビズ。
弊社でも今月から実施しており、消費電力の削減に努めています。
環境省では今年の実施期間は昨年同様5月1日から9月30日までとしています。
しかし10月以降も暑い日には室内の適正な温度とそれに伴う服装を推奨していくようです。

さて、クールビズにおいて冷房の設定温度は28℃と言われていますが、この数字はあくまで目安だそうです。
外気温や湿度、日差しの入り方や部屋の広さなどによって体感温度は異なります。
もちろん部屋を冷やしすぎてしまえば自律神経やホルモンバランスが崩れやすくなり、身体に負担がかかってしまいます。
ですが28℃にこだわってしまっても、状況に合っていない設定温度ではかえって作業効率を落としてしまうおそれがあります。
大切なのは過度な冷房に頼らず、適切な温度で快適に過ごすことですから、できるだけ軽装で過ごしつつ、無理のない範囲で
温度管理していく必要があるかと思います。


企業だけでなく個人でも、店舗や公共施設などで過ごして、自宅でのエアコンの利用率を減らすクールシェアの活動が
広がりをみせています。
自宅では複数の部屋で冷房を使うのではなく、1つの部屋に集まって涼を共有することもクールシェアになります。
エアコンのフィルターのこまめな掃除や、窓を開けて部屋の熱気を逃がしてからエアコンをつけることで、
冷房効率を上げることができ節電にも繋がります。
また、除湿をするだけでも快適さが向上するそうです。

すでに名古屋では最高気温が25℃以上の夏日が続いていますが、冷房の適切な利用と工夫で快適に夏を乗り切りたいものです。

戻る

Copyright(c) 2017 MEISHIN CO.,LTO All Rights Reserved.